仮想通貨は世界を変える

仮想通貨を中心に投資を行うブログです。

資産家になるステージ別解説

資産家になるにはそれぞれのステージがあります。

まずは働いて貯金をする段階、貯まったお金を運用して収益を増やしていく段階など。

私が考えるステージ別のとるべき行動と解説を記載しました。

 

ステージ①

総資産額0〜100万円

もうこの時期に投資をしてもリターンは非常に少額になるため、まずは働いてたくさんお金を貯める時期です。

月に10万円貯金できれば1年ほどで100万円は貯まります。

 

ステージ②

総資産額100〜1,000万円

貯金が100万円を超えてきたらいよいよ投資を実践する時期です。

とはいえ、この時期は投資がどういうものか理解し、知識を得、経験を積む段階です。

株、不動産(REIT含む)、債券、外貨預金、仮想通貨、ソーシャルレンディングなど様々な投資先に少額ずつ分散投資を行い、リスク管理の方法や分散投資の効果を検証するなどし、経験を蓄積していきましょう。

投資収益は気にせず、基本は給与収入を貯金にできる限り回し、1,000万円の貯金を目指しましょう。 

 

ステージ③

総資産額1,000万円〜5,000万円

1,000万円を超えてくると、逆に貯金ばかりしていてはもったいないです。

基本的に総資産の30%以上は投資に回すなどし、資産の分散化を行いましょう。

「円」だけで持っているのもある意味「リスク」ですから。 

仮に、1,000万円を利回り4%(税引後)で運用できれば、年40万円の収益が得られます。不労所得で生活を行うにはまだまだ足りませんが、その第一歩を踏み出せるといった段階です。

 

ステージ①

総資産額5,000万円〜1億円

いよいよ配当や利息収入で生活を行うことに現実味が出てくる段階です。

5,000万円を利回り 4%(税引後)で運用できれば年200万円、1億円全額だと400万円になります。

投資額が大きくなるため、原資産が1%変動しただけでも動く金額が大きくなります。

最大限資産分散を行い、原資産のボラティリティの安定と収益の安定化を図りましょう。

 

ステージ④

総資産額1億円以上

ここまでくれば、ほぼ安泰した生活を送れるのではないでしょうか。

証券会社もIPO案件の紹介などVIP待遇で優遇してくれるはずです。